時間 空間 次元

時間と空間が伸びたり縮んだり。

物理的な密度の濃さとか

幾つもの次元を行き来する感覚がまるで当たり前のように日常と重なる。

 

新しい時代とも言える、すべてである今。

幾つもの分離していたピースが磁力的に引きあう。

白か黒かのような二極のものは、分けられないものとなっていく。

 

確かなものは、時代がかわっても変わらない。

確かなものを確かなものとしていくことが、進化なのかもしれない。

 

大切なもの(こと)を大切にする。

 

理想論ではなく、現実としていく。

 

様々なことをあるがままに「そうだ」と受け入れることが進化である。

どちらか、ではなく全部のことなのだと知っていく。

すべては在るべき姿になっていく。

様々な形をとりながら。

在るべき姿になっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA