アセンションが垣間見える

メールオラクルを行っていて、とても印象的なのは、

潜在意識はすっかり準備ができている方が多いことです。

自分のことも認めているのです。

ところが顕在意識がついてこないが故に、現実的に満足度がそれほどでもなかったり

努力が逆になったりしています。

潜在意識は、大きな領域なので、

無意識に、知らず知らずのうちにそちらへ向かっていくとも言えますが、

とろろがどっこい!顕在意識の頑張りがすごくて(!)

人間の力で大地を動かすように今までのパターンを死守しようと

その死守自体で、疲れ果てている方も。

なんだかんだいって、顕在意識は「意識できる領域」です。

決断する領域ですから、潜在意識と合わせていくこと、そうです、統合することが重要です。

 

今までは、戦う相手(←自分なんだけれども)があまりに大きくて戦う気すらしなかった時代から

もう自分が「決めるだけで動いていく」時代になりました。

「あ、なんだ、自分で決めればいいんじゃん。っていうか、決めないと始まらないじゃん。」という感じです。

「決める」は、すごく大事ですね。

決めたことに関することで、何か実際に行動を起こそうものなら、現実化は速攻やってきます。

大きな何かがひっくり返りました。

それを受け止め、柔軟に生きることが大事です。

好きなことをする、やりたいことをやる、というのは、これからの時代、昭和では考えられないほど重要になります。

 

これからの時代、アイディア、感性が人間の担う領域になります。

好奇心旺盛で、遊び上手が、最も注目されるでしょう。

自分のセンス、発想を磨くには、好きなこと、やりたいことをやるのが一番です!

別に今の会社を辞めなくても、変化することはできます。

意識の変容が大切です。

そうすればふさわしい現実は創られます。

意識(顕在意識も、潜在意識も)大事です。

そういう意味で、普段口にする言葉も大事ですが、でも、それを上回るのは、在り様なんです。

口数は少なかったり、言葉はザツでも、優しい人っているでしょう。

子どもはそういうのをすぐに見抜くけど、その人の行動は、一番パワーがあります。

アファメーションするくらいなら行動した方が何倍もいい。

だって、結局、人間さ、リアルにやらないと満足しない。

シュミレーションするためにうまれてきたんじゃないからね。

 

でも、行動は結果が出るから、怖いのよ。

 

だから、まず心構え?勇気を出すために、自分を励ましたり、心の準備をするのだけれど

では、アファメーションや心の準備は必要ないかというとそうじゃない。

心と気持ちが一致していれば、どっちでもいいのだけれど、

多くの人は、バラバラです。

だから、ちぐはぐになってしまう。

本心と気持ちが違うのに、何をどう行動するか、わからないでしょう。

だから一般的に「よい」「憧れ」と言われること(大抵、親の理想)を追い求めるけれど、
それを極めた人が口を揃えて言うんです。

「違った!(笑)」

親の思いどおりにして、立派になったけど、幸せじゃなかった!と。

笑える人は、きっともう自分の心に氣づいているからいいけれど、
怒ったり、悲しみが出てくるうちは、まだとらわれの中に身体半分入っています。

だから、癒しや氣づきが大事なのだと、最近、改めて思います。

一致したら、「決める」だけしたら、あとは放っておいても向かっていく。

もうそっちにしか向かわない。

自分の望むことが起って、愉しむしかない!という状況になります。

 

もう既に「自分の望むことが起って、愉しむしかない!」という方もいらっしゃるでしょう。

本気で愉しむ!ということがよりよい波動を創造します。

それが人に影響するという大きな貢献にもつながりますから、やってくださいね!!

自分が100%満たされた、終わり!じゃないんです。

そこで終わらない。

自分が幸せになっただけじゃ、終われないんです。

誰かを幸せにしたくなる。

それが神聖性の領域です。

何もやらなくても、そうなります。

ですから、自分を満たし、幸せを感じることが大事なのです。

もちろん、好きなこと、やりたいことは、遠慮なくやってください。
【朝水久美子公式メルマガ 煩悩菩薩vol299】より、抜粋加筆。

 

それにしても、トランスフォーメーションセラピー、超パワフルでかなり根強い領域まで扱います。

今までも、けして浅くないのですが、これは変化の深度が、深い!と、感じています。

そして、メールオラクルも、有り難いご感想いただいています。

このメール、短くても数年先まで及ぶ内容になっております。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA