思い出すがいい

自分の中にすべてがある

 

 

 

「はい、はい、はい。わかってる。わかってる。」

 

 

そうかな。もっと本気で見てみて。

本当に自分の中にすべてがあるということにフォーカスすると、オソロシイことに(笑)そうなのだという事が見えてくる。

 

自然の中に身を置くと、日頃、忘れがちな、見落としがちなそれらを思い出させてくれる。自然には、エゴがないからだ。

自然は、変わらずいつも無条件の愛を与えてくれる。 存在そのものが愛だ。

人間が自然のことを忘れていても、変わらない。

神も同じ。

人間が神のことを忘れていても、変わらず普遍的に愛してくれる。

人間もまたその種を同じくする存在なのだ。

思い出すがいい。

 

 

神の愛に触れるには、自分に触れること。

どこまでも深い自分という存在。

人間は、しばしば自分以外に答えを求めるが、外側には求めるものはない。

内側にあるものの反映が外側の世界なのだから。

自分に触れる。

思考で誤魔化さず、思考に逃げず、内にある感覚が伝える真実に耳を傾ける。

ナイスな解決策よりも、今ここに現れている現象が与えてくれる感覚が、自分にとって完全なる真実を思い出させてくれる。

そうしないと、自分の内にある信頼、安心感は、どこか絵に描いた幻、幻想にしか感じられなくなる。

幻想に力を与えるのではなく、本来、在るものに目を向ける。

自分はダメだなんて、幻想にいつまで力を与えるのか。

 

 

いずれにしろ、今、この瞬間は、望みどおりであることを本気で受け入れる。

 

ああ、思いどおりだった。

という瞬間にすべてが満たされていることに氣づくだろう。

そして、それは留まることなく動いているのに普遍性と共にあることを。

思う存分、今、この瞬間、心が向かう方へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA