何度でも、何度でも

劇的変化する人、着実に変化する人、タイプはそれぞれですが、共通するのは、人はそれぞれのテーマを持っているということだと感じています。

変化の後も、どんどん変化変容していくのが人間です。

限界がない。

そして、どんどんよくなり、何の問題もないということがないのも共通しています。

課題がなくなる、ということはないのですね。

不幸に限界がないように幸せにも限界がない世界。

すべては自分の感じ方なのですが、成熟ということとも関係があります。

未成熟がダメなのではなく視野が狭く、広い見方ができないために、自分のことだけに終始してしまいます。そうすると人間関係で豊かさを感じられる幅も狭くなります。

人間関係の豊かさは、人数ではなく深さに現れます。たったひとりでも、心を通わせられる人と関係性を築けたら、その豊かさは、富豪です。

究極的には、人間関係は、自分との関係性、自分と神との関係性です。

その現れとして、人との関係性というのは、避けては通れないのです。

その人間関係、つまり、愛情交流にモロに自分のテーマが現れます。

大きな山(テーマ)を越えた人は、人生が変わることを知ります。自分もこんなに変われるんだ。というようなことです。

そのテーマは、自己認識(存在)に関することです。

そして、変化した自分を生きていると、また次の山が来ます。そして、あろうことか、またしても同じテーマに打ち当たるのです。

その時のショックたるや。。。

あんなに癒したのに。。。まだあった。。。。

 

まだ癒しきれていなかったという事実に愕然とするのですが、

愕然とするということは、受け容れているのだから、山は越えたということにすぐに氣づけるでしょう。

 

「また、やっぱり、これか!」

というテーマが出てきたとき。それは大きな変化のときです。今までの自分からもう一層脱皮して変容する準備ができている、もう次へ行く時が来ましたよ、というお知らせなのです。

このショックを感じたくなくて、変化に背を向ける人もたくさんいらっしゃいます。

別に変化しなければならないわけじゃないけど、自由だからね、

でも、同じことを何年も、何十年も抱えて、そんなこんなしている内にこの世も終わるなんて、もったいなすぎるな〜

と私は感じています。

だって、すごいからね。人間の可能性は。

 

何度でも、何度でも、それが出てきたら、受け止めようよ。

自分が受け止めるからこそ、それを一緒に受け止めるよ、という人が隣にいてくれるような現実が起るのだから。

解決が大事じゃないの、解決しなくていい

それを受け止めるだけで、人生大きく変化します。

何度でも、何度でも、変化し、それは、変化するのがいいとかじゃなくて、

自分の魂の喜び、充実感、誇り。

 

あー、また、これだった!!

 

という衝撃を受けている人に、私はとびきり優しい。

すごく勇気の要ることだから。

そして、それが成長です。

まさに、それは、自分を愛すること。

私まで、愛されているように感じて、愛がとまらない。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA