予想外のメッセージに涙が

昨日の魔女スクールご感想の中の最後のチャネリングレッスンで、

ご本人も戸惑うようなことがありました。

モニター実習を終え、モニターさんのご感想にホッとした後、

最後のチャネリング!と、それぞれつながる存在を決め、彼女は意気揚々と

「私は観音様にします!」

とスタートしました。

一番最初にスタートしたものの。。

「十字架が見えます。。。。。」

と吐息のような小さな声でつぶやき、

しばらく沈黙の後で、

「わかりません。。。」

と私を見て、困惑の表情。

「では、次の方にいきましょう。後でね。」

と、次々に受講生さんが素晴らしいメッセージを届ける中、

私はそのメッセージを眺めて、五ヶ月を振り返り、彼女たちの中で響くエネルギーを感じてジーンとしていました。

 

そして、最後の方のメッセージが終わり、彼女に

「どうする?いく?」

と声をかけると、彼女は

「あの。。。悲しみだけが、、、来る感じがして。。。

ごめんなさい、私ちょっと、できない。。。。」

と涙するのです。

「悲しみだけが来る感じなのね。そうそれでいいのよ、それよ。

それを言ってください。」

「ごめんなさい。。。。(泣)なんか。。。

・・・これで、いいんですか?(泣)

光が弱い感じで、

クロスの向こうに光があるのですけど、

弱くて、その光が悲しみを伝えてくるんです。

そのクロスは堅い感じで、

シルバーの、銀色の堅い光、それが冷たくなっていく。。。(涙)

そこから抜けられなくなっている。。。。(泣)ごめんなさい。。。。(泣)

強いのだけど、堅くて、冷たい。。悲しみを伝えています。(号泣)」

 

チャネリングした彼女は、観音様からあたたかいメッセージがあると思っていたのに

まさかの「悲しみ」それもとてつもない悲しみがやってきて、戸惑ってしまったのです。

観音は、人間の苦しみをよく理解してくださる存在。

私たちと共にその悲しみを感じて寄り添っている。

アセンデットマスターのような存在は、とても人間に近い存在ですから、わかりやすいメッセージをくださいます。

自分自身の意識を保って行っているために、エネルギーは感じるものの

自分自身としては「え?!まさか!何これ?。。。!」

ということがあるものです。

これがまさにエネルギーとつながっていることでもあります。

予想外のメッセージ、ビジョンに驚き、その悲しみの深さに驚き、それを伝えることに戸惑いを覚えるのも無理ありません。

でも、それが「できている」という証でもあります。

 

それを伝えてもらったご本人は、思い当たることがもちろんあり、それは確信であり、すぐにピンと来ましたが、

彼女はそのことを知る由もなく、びっくりしたことでしょう。

時にネガティブに思えるヴィジョンやメッセージは伝えづらいかもしれません。

ですが、そこにも深い愛があって、ヴィジョンやその悲しみの先に大きなメッセージがあります。

チャネラーは、それをそのままに伝えることで、クライアントにそのエネルギーを届け、その後どう生かすかを託します。

ご神託。

シンプルに来たものを伝える。

彼女は、その純粋性を持っていることから、今までも、こういうこと、たくさんあったのだろうな、

と思いました。

でも、「こんなはずじゃない、私が間違っているんだ、この感覚は違うんだ」

と押し込めたり、胸にしまったり、ひとり葛藤したり、自分を責めたりしていたのだろうなと思いました。

 

魔女スクールで才能を開くのは、自分を知ること、自分の感性を肯定することを最重要とします。

信念のゆがみに氣づき、自分とまっすぐにつながることができるように。

自分とつながるということは、すべてとつながることにつながっているから。

 

 

他の誰とも比べない。

自分を信頼することは、人を信頼することにつながります。

 

Great job!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA