愛の泉

私がフィッティングに関わった宝石たちをご紹介します。

今回は、エチオピアオパール。

ぷるぷるの潤いに満ちた石で、個人的に宝石は宇宙のエネルギーを感じるものが多い中、この石は地球のエネルギーを感じる石です。パールに似たような人間に非常に近い存在を感じさせるマザーアースのエネルギーに満ちています。

すべての石は、いいえ、石だけではなく、この地上にあるもの、目に見えるもの見えないものを含めてすべて愛(意志)により生まれています。ですから、「愛の」なんて枕詞はとてもナンセンスだと思うのですが、いろんな愛で生まれたものの中でも、この石は、敢えて「愛」という言葉で表現したいようなわかりやすい愛に満ち満ちています。

自分より誰かを愛してしまう

まるで母なる愛。この石が合う方は、自分より誰かを大切にできる成熟した魂の持ち主。意識せずに人をホッとさせたり、元気づけたり、拠り所になったりしてしまう人。誰にも頼れず自律的な生き方をせざるを得なかった方で、かつ、それでも誰かを大事にできるというのは愛が深い方なのです。

そんな人は、自分のエネルギーを惜しみなく他者に与えます。自分のエネルギー残量を気にせず、じゃんじゃん授乳する母親のように。なんならほかのお子さんたちにまで。そんな勢いです。

溢れる愛情が枯れてしまうほど与えてしまうと、本来の役目が果たせなくなります。

病気になったり、怪我をしたり、気力が尽きたり、心がくさくさしてくる。

そうすると自分のことを愛せなくなってきます。そうすると不健康に愛を求めてしまう。自分の価値を下げてしまうことになってしまう。

 

あ〜れ〜?これでよかったはずなのに、どこでどうなったんだろう?

自分らしさって、何だっけ?

 

そんな時に、母のように微笑みながらそのエネルギーで伝えてくれる。

彼女の場合、お腹の底から笑いがこみ上げてきました。

陽気で、エネルギッシュで、はつらつとした自分の感覚が蘇ったのです。

もうひとつの石もフィットしましたが、私は心の中で「こっちを選んでくれたら最高!」と思っていました。

 

石とのフィッティングは、その根底によりそのセレクションは違ってきます。

元になっているところが怖れなのか、愛なのか。

愛から選んだ時に共鳴する石との出逢いは、まさに運命の人と出逢うような感覚です。

自信がないから自信が出てくる石を選ぶのではないのです。

自分が弱いから強くする石を選ぶのではないのです。

本来自分が持っている最大の特徴(それはギフトともいいます)を思い出し、喜びの中でそれを使って行けますように。

 

ああ、私はこういう人だった。

 

その喜びの中で生きるために。

彼女の愛情がたくさんの人たちに喜びの中で届けられるように。

そのために心から笑えないことにはエネルギーを過剰に注がない。

あれ、それって、そんなに重要だっけ?

そんなツッコミを自分に入れられるように。

 

いいパートナーでいてくれることは彼女の表情からにじみ出ています。

私はこんなこともできる、あんなこともできる!

ドヤ顔が出るくらいが彼女はちょうどよい。

その顔の可愛らしいこと!愉しく拝見しています。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 菱川弘子
    • 2018年 7月 12日

    久美子先生、エチオピアオパール????????への愛溢れるメッセージをありがとうございます????

    改めて、そうなんだぁー、枯れるほど他へ与えると、本来の役割を果たせなくなってしまうんだ、と納得!見極めることが私には必要なんですね。お腹の底から笑いが込み上げてくる、そこがミソなんだなぁ????

    でも、そもそも!この石と出会えてから自分のことをしっかり見てあげようと思えるようになったので、本当に感謝です(๑˃̵ᴗ˂̵)こんな風に、石の力を引き出してまで活用させていただき、大満足です!
    また、いろいろな石たちとまた楽しい物語りが創り出せますように????楽しみです‼️

    また力をいただきありがとうございまーす????えへっ????

      • kumiko-asami
      • 2018年 7月 13日

      コメントありがとうございます!
      そうです、そうです。しっかり見極めることが大切です。笑えるときは軽やかなとき。弘子さんの屈託のない笑顔って、すごくパワーがある!伝家の宝刀みたいな。
      宝石もきっと生かし合えて輝いていると思います。
      新しい物語も愉しみです!またお会いするのを愉しみにしています♡

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA