手と足

瞑想をする時に手と足を洗うことをおススメするのは、

手も、足も、様々なエネルギーに触れる部分だからです。

エネルギーをダイレクトにやりとりする部分。

だから、自分だけのエネルギーに戻すよう、水で洗うことをおススメしています。

本来は水だけでもよいのですが、たくさんの粘着質なエネルギーに触れる機会も多いと思われます。

石けんをお使い下さい。

様々なエネルギーに触れることがダメではありません。

いい悪いに関わらず触れずには生きていけませんね。

いいエネルギーに触れるということは、そうでないエネルギーに触れる機会もあるかもしれない。

排除しなくていい。

排除しすぎることよりも、いいエネルギーで自分を満たすことを心がけていればよりよいものに触れていくことができます。

 

ブロックするよりも大切なことは、よいものを選んでいく意識でいることです。

 

例えば、瞑想の時に身体を包む服はシルクや麻、綿もよいです。

自然なエネルギーである恵みをダイレクトに感じられるからです。

そういうもので包まれると心も整うのです。

心と魂を整える時に選ぶものは、よいものにしてください。

香やアロマオイルも上質のものにしてください。

ない場合は、なくてもまったく問題ありません。

人工的な香りで代用しようとしないでください。返ってふさわしくありません。

化学繊維の服しかないという場合は、清潔なバスタオル(綿)で身体を包めばよいのです。

自然の恵みがいかに理にかなっているか、感じられればよいですね。

必要なものは時間でもお金でも必ず与えられます。

優先順位を明確にするだけです。

 

静かなあなただけの時間が

本来の自分を思い出せますように

希望があることを思い出せますように

たくさんの光が届きますように

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA