Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/asamikumiko/www/faith-ginza/wp-content/themes/blog-prime/inc/breadcrumbs.php on line 259

農業という神事

0 0
Read Time:33 Second

第一次産業の「農業」がこの先、とても大きな役割を様々な形でもたらします。

大地とつながり、宇宙とつながるには、農業は自ずとその機会を与えてくれます。

自然は、無限の生命力はもちろん、人間のちっぽけさ、どんなに努力しても、心をこめても、一瞬にして台無しになってしまうようなことも体験できます。

日照りは日照りの過酷さを、日照不足、豪雨、台風、その他のことは、どうにかしようとしてどうにかなるものではなく、ただ、受け容れることを教えてくれます。

自分の在り方がダメでも、与えられるものは果てしないことも。

誰も差別しなければ、罰を与えていないことも痛感することでしょう。

 

そして、自分が手をかけた分だけ、応えてくれるような体験もできます。

命は、命なのだと思い出させます。

不誠実なことを自然はしないのです。

コミュニケーションをとる楽しさ、無条件の愛のやりとりの機会も与えてくれる。

何より、元気にしてくれる。

大地とつながり、宇宙と容易につながるチャンスがそこにあるのですから。

そして、その大地の恵みをいただいたり、お裾分けしたり、生活を豊かにしたりすることで得られるものは、また祝福されます。

 

農業をしていればそうなる、ということではなく、その機会を与えられるということです。

農業に意識が向き、高まっていることを私は知っています。

それは、本質的な幸せを思い出す流れのひとつの現れです。

農業をしなくても、大地と触れ合うことは、宇宙とのつながりを再結合します。

畑に携わる人、庭を持っている人、何か植物や花を育てている人は、どうぞその大いなる豊かさを愉しんでください。

意識する、しないに関わらず、その豊かさは、宇宙のメッセージとして、触れあう人々に伝播していきます。

あなたの手料理から、宇宙のメッセージが伝えられるんです。

米でも、野菜でも、味噌でも、梅干しでも、あなたの畑で取れたものは、宇宙の叡智を含みます。

そう、その宇宙の叡智が込められるよう、よろこびの中でコミュニケーションをとりましょう。

その機会が与えられているということは、大地の神殿を与えられているということです。

神事をしているんですよ、農業を通じて。

 

畑のない多くの人は、その叡智のたくさんつまった野菜や穀物を選んでください。

心をこめて料理して、楽しくいただきましょう。

そして、自分の身体とコミュニケーションをとりましょう。

必要なものがわかります。

レストランでお食事するときも、選び方は同じです。

 

便利になった一方で、私たちの生活の末端まで宇宙の叡智が届くことは、なかなか難しくなりました。

最初の段階で分断されることが多くなってしまったのです。

だからそれでもうダメだということではない。

それはまるで私たちのDNAのように必要とされると機能しだすようなことが起るのです。

愛をこめて生きる。

それは、どんな小さなものであっても、軽んじることのできない神のエッセンスです。

 

農業で生み出されたものが、より純粋な宇宙の叡智を持っていると

その恩恵は広く届いていく。

土の声を聞き、汗と共にコミュニケーションすること。

 

ストレスも大地が癒してくれる。

たくさんのことが、まず土に触れた人々にダイレクトに届くのです。

 

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post 小さきことを尊ぶ
Next post なぜたくさんの情報を与えているか

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください